Designer

デザイナーはコミュニケーター。
的確な意思疎通と協働が世間を彩る。

画像:Main Visual

佐伯 麻衣

2011年入社
神戸大学 文学部卒
趣味は買物、サックス演奏(最近始めました!)

エディトリアルデザイナーという仕事

日本の女子中高生向けファッション誌を代表する『Seventeen』のデザインチームのリーダーをしています。デザインは自分が担当する企画の編集者と、ラフや写真をもとに直接打ち合わせをし、内容やイメージを共有しながら進めます。言語化しにくいデザインだからこそ、意思疎通がとても大切です。『Seventeen』のデザインチームは現在7名。その殆どが編集部内にも席があります。多くの雑誌や書籍のデザインを手掛けるビーワークスでも、編集部に常駐する例は多くありません。クライアントのすぐそばという緊張感もありますが、電話やメールよりもずっとイメージを共有しやすいですし、何より一緒に作っているんだという実感は他では得られないやり甲斐になりますね。集英社内の他部署の方から仕事の相談をいただくこともあり、物理的な距離が近いことのよさを感じる機会が多くあります。

憧れ叶う喜びと同時に不安も…

中2の頃、初めて買った雑誌を開いた時にその誌面に出てきたかわいい女の子たちがオシャレをしてキラキラしている姿に衝撃を受けたことをよく覚えています。誌面を開いた時のワクワク感の虜になり、雑誌が大好きになりました。大学では文学部の心理学専修で認知心理学を学んでいましたが、周りの友人達が公務員や大手企業への就職を決める中、私は「仕事にするならワクワクすることがいい!」と思い、雑誌の仕事に携われるビーワークスへの入社を決めました。入社式でデザインチームへの配属が伝えられた時は、雑誌の仕事ができる!という嬉しさもありましたが、それ以上に、学校でデザインを勉強してきたわけではない自分がデザイナーとしてやっていけるのか、という大きな不安にもかられました。

ビーワークスデザイナーの出身学部比率

センスや技術よりも大切な
「2つの力」

入社直後はゲームの攻略本のデザインチームに所属しました。そこから『Seventeen』のデザインチームに異動し、現在は中面や表紙のデザインに加え、時にはWEBサイトやアプリのデザイン、イベントで使用するグッズのデザインなども担当しています。また、私は別の小学生向けの雑誌のデザインも手掛けています。紙、モノ、デジタルと媒体も様々ですし、当然ターゲット層も様々。ですが、必要なのは2つの力だけです。クライアントが表現したいこと・伝えたいことは何か、どんな雰囲気の仕上がりを望まれているのか等を「対話から汲み取る力」と、それらを整理して「意図がきちんと伝わるものを作る力」、です。センスや技術が注目されがちなデザイナーですが、この2つの力を養えば、デザインのフィールドは拡げられると思いますね。

関係者全員がチームメイト。
だから楽しい、だから頑張れる。

『Seventeen』は毎月大体150〜180ページほどをデザインするので、チームでないとできない仕事です。分担を決め、自分の担当ページに関しては各自の責任で進めますが、互いに自分のデザインについて意見を求めるなどフォローしあい、チーム一丸となってデザインクオリティの向上を意識していますね。また、スタイリストやカメラマンなど多数の関係者と共に撮影した編集者渾身の写真(これがオシャレで素敵なのです!)をもとにデザインを進めるので、その写真があがってきてからがデザイナーの出番になります。よって月刊誌とはいえスケジュールはかなりタイト。納期を死守するためにも、的確なタイミングと内容でコミュニケーションをとることが重要です。個人の裁量の大きな仕事ですが、チームや編集部の方々と一丸となれる環境だからこそ楽しく、やり甲斐もあり、どんな大変な時も乗りきれると思っています。

Growth Story

  • 大学時代

    大学では認知心理学を専攻し、人の色覚について研究していました。学校以外の時間は殆どアルバイトに。チームで働くこと、お客さんと話をすることは元々好きでしたね。

  • ビーワークス入社

    面接ではたっぷり話ができ、いつも気づいたら楽しく時間が経っていました。そこで話した先輩方全員が仕事をすごく楽しんでいる印象を受け、入社を決めました。最初はゲーム攻略本のデザインチームに配属されました。

  • 初めての1冊メイン担当

    入社1年目の冬、先輩にフォローしてもらいつつ初めて丸々1冊のデザインを担当しました。クライアントとのやりとりやスケジュール管理、社内での業務調整などデザイン以外のスキルも叩き込まれました。

  • 『Seventeen』チームに

    ファッション誌がやりたい!という思いが捨てられず、2年目の秋に念願の『Seventeen』デザインチームに。初めは社内で仕事をしていましたが、3年目の冬から『Seventeen』編集部内にも席を置き、常駐するようになりました。

  • プレッシャーを糧にチームリーダー奮闘中!

    入社4年目の冬にチームリーダーになり、デザイン実務のほか新人教育なども担当するように。当初はプレッシャーに負けそうになりましたが、自分なりに試行錯誤して今に至ります。

ENTRY!

私たちはビジュアルをデザインするだけではなく、
「つくる」ことをトータルにプロデュースし、
デザイン会社の枠を超えていきます。

ビーワークスで一緒に、新しいデザインを創りませんか。

2018年3月卒業の方対象

今年度のエントリー受付は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

COMING SOON!

2019卒対象
インターンシップ開催予定

「論理的思考力」や「コミュニケーション力」をビジネスの場で発揮するとはどういうことか、「課題解決力」とは何か、といったイメージを体感できるプログラムを予定しています。

場所
本社 高輪(東京都港区高輪1丁目3-13 NBF高輪ビル9F)
日時
2017年秋